バス・お風呂リフォーム

1日の疲れが取れる
癒しを感じるお風呂へ

浴室は、体の汚れを落とすだけでなく、一日の疲れをリフレッシュできる癒しの空間でもあります。快適な浴室にするには、開放的な空間づくりと綺麗な浴槽を保ちやすい形状かどうかが重要なポイントです。

有限会社船戸工業所では、ユニットバスや浴槽の施工にも対応しています。お客様が浴室で快適にお過ごしいただけるよう、高断熱や保温性に優れた商品も取り扱っているほか、浴室の脱衣所の間の段差をなくすバリアフリー施工も対応可能です。お客様のライフスタイルに合わせたリフォーム工事を行っているため、お風呂全般のリフォーム工事をお考えの方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

バスルームリフォームのポイント

一日を締めくくる場所であるバスルームは、家族とのコミュニケーションを図る場や、半身浴やエステといった美容の場としても使われますよね。
このように、バスルームは体を清潔に保つだけの場所だけではなく、様々な付加価値を求められる空間になっています。
快適なバスルームを叶えるために、4つのポイントを考慮しながらリフォーム内容や商品を選んでみてください。

Point01

開放的な空間づくりをすること

リラックスできるお風呂には、開放的な空間がかかせません。足を伸ばして入れる浴槽や広さのある洗い場スペースはもちろん、陽当たりや浴室からの眺望、外部からの視線や音を気にせず入浴できる間取りなど、さまざまな点から開放的な空間を作ることができます。

Point02

掃除のしやすさを考慮すること

浴室は、住まいの中でも特に汚れやすい場所の一つです。浴室のお手入れや掃除の時間を短縮することで、家事の負担が大きく軽減されます。各メーカーから汚れにくい素材のものが出ているため、リフォーム業者からそれぞれの特徴をしっかりと聞いた上で、お客様の生活スタイルに合う商品を選びましょう。湿気がこもりやすい浴室は、換気のしやすさも清潔さを維持するために重要なポイントです。

Point03

家族全員にとって癒しの空間であること

最近のお風呂はカラーバリエーションも豊富です。ビビッドな明るい色の浴槽に大理石や木目調の壁、優しいパステルカラーの床など、組み合わせは無限大です。自分好みで選んでしまいがちですが、ご家族全員の好みを考慮しながら、全員がリラックスできるカラーやデザインを選びましょう。

Point04

安全性を考慮したリフォームをすること

住宅内で特に事故が起こりやすい浴室は、安全性にも十分に考慮する必要があります。転倒防止のための手すりの設置や、滑りにくい床材の選択、冬場の温度差で起きるヒートショック現象を防ぐための浴室ヒーターなど、さまざまな対策を行い事故を事前に防ぎましょう。

システム(ユニット)
バスの選び方

サイズについて

ユニットバスの寸法は基本的に10cm単位で分られ、1216、1616、1620などの規格サイズがあります。この数字は浴室の内径の幅や奥行きを表し、どのメーカーでも共通です。

ただし、サイズ表示は全メーカー共通であるものの、商品によって浴室の寸法が異なるため注意が必要です。ご希望のユニットバスがご自宅に合うかどうか、事前調査の際にお気軽にご相談ください。

システム(ユニットバス)の種類

  • システム(ユニット)バス

    近年主流になっているのが、一昔前に比べて機能やデザインが大幅に進化したシステムバスです。ユニットバスとも呼ばれますが、近頃はシステムバスへと名称が変更しています。システムバスのメリットに、防水性の高さや清掃のしやすさ、工期の短さが挙げられます。

  • 在来浴室

    壁や床をタイル貼りなどで仕上げ、浴槽を設置したものを在来浴室と呼びます。完成品を設置するシステムバスとは異なり、大きさや仕様などを細かく選ぶことができる高い自由度が魅力です。個性的なバスルームの実現には、在来浴室がおすすめです。

施工事例

施工事例一覧