ホーム > 初めての方へ

初めての方へ

キッチンリフォームの基礎知識

キッチンリフォーム基礎知識
同じ場所でのキッチンの変更は容易にできますが、キッチンを動かす場合では、配管スペースを確保する必要出てくるため、排煙ダクトの位置の変更は難しい場合があるので、注意が必要です。
配管の状況は竣工図などで事前に確認しましょう。

また、最近話題のIHクッキングヒーターは、ガスコンロから取り替える場合、200Vの電圧が必要になるので、電気の契約アンペア数を増やす必要がでてきます。
 
バス・トイレ・洗面台リフォームの基礎知識
キッチンと同様に、同じ場所での機器の取り替えは可能ですが、場所を移動する場合では、排水管や排気ダクトなどの場所の変更に注意が必要です。
排水の流れが悪くなったり、排気がうまくいかなかったりといった 問題がでてくる可能性も出てきます。
もしも場所の変更を伴うリフォームの場合は事前に配管の状況を確認しましょう。
古いマンションで図面がない場合は、解体時のチェックが必要です。
 

リフォーム業者選びの5つのポイント

目的をしっかりと決める
リフォーム業者選びで大切なのは技術、費用、アフターサービス、デザイン、経験などのバランスが自分が求める目的と合っているかしっかりと見極めることです。
値段だけで決めない
大幅な値引きの裏には何かある、ということを心にシッカリ留めておきましょう。建築工事は、値段ではなく目的とマッチする業者をみつけることが結局は得をします。悪徳リフォーム業者が実際によく使う手口と対策をチェックしておきましょう。
大手リフォーム業者=安心。 の方程式は間違いである
良心的な担当者と出会うことが、リフォームの成功への第一歩。大きなリフォーム会社には、担当者と呼ばれる人たちがたくさんいますので、人によって満足度が違う事もあります。永く使うものですのでしっかりと安心を得られる方か判断することが大切です。
見積もりの注意点
費用が高いのは、いい素材を使い手間を掛けているからかもしれません。安い場合はその逆というケースもあります。単価比較ではなく、施工内容や出来上がりのイメージを相談者と確認し、金額とのバランスを見ることです。
費用は総額で考える
だけでリフォームを頼むのは早計です。商品が安くても、工事費が高ければ総額も高くなります。
基本的にリフォームにかかる費用は商品代+工事費です。総額がいくらになるのかもしっかりと確認しておくと費用での失敗は少なくなります。
Q&A
施工事例
 
アクセス

■住所
〒146-0082
東京都大田区池上5-28-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら